Category Archives: 雑記

【お見舞い】

このたびの「台風21号」および「北海道地方地震」により被害を受けられました皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

ブログ更新お休み中にもかかわらず、被災された状況下にある「西日本」や「北海道」方面からも、当サイトへ日々ご訪問いただき、本当に感謝申しあげます。
どうか、一日も早く復旧が進み、皆様の平常通りの暮らしが戻りますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 
玉置浩二 – ブナ(instrumental)

 

※尚、「TOYOTA」のサイトでは、「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う道内の【通れた道マップ】を公開しているようです。情報が少ない中で、ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

【雑記】Nightfall

暑かった夏も、ようやく終わり。

 


 

 


Charlie Haden & John Taylor / “Bittersweet”
(album: Nightfall – 2004)

 

少し疲れたので、しばらくお休みします。

ではまた近いうちに。

 

 

 

【雑記】『希望という名の光』

いつもご訪問ありがとうございます。
6月28日以降、西日本を中心に広範囲で記録された、台風7号および梅雨前線等の影響による「平成30年7月豪雨」によって、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災され不自由な生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

九州・中国・四国そして京阪神地区から、当サイトへ日課のように毎日アクセスしていただいているブログ・リーダーの方々も少なくなく、また「衣食住」面で困難を極める大変な状況下にも拘らず、スマートフォン等からアクセスしていただいている方も、少なからずいらっしゃるようです。
どうか、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

大変な状況下に置かれている方々が、少しでも癒されたりリラックスできるような「音楽」をご紹介したり、自分で撮影した「草花や風景の写真」を通して、ほっと一息つけるような時間を共有していただくことが、微力ではありますが今の自分のできる「支援」の一つなのかなと、そんなふうに考えております。

 

 

現在実店舗は存在してませんが、「東日本大震災」が襲った2011年という年に、「cafe Mellows」はそんな熱い想いを持って誕生いたしました。閉店した今では「WEB」という仮想空間の中でしか、訪問していただく皆様を癒したり勇気付けることができませんが、そんなちっぽけな支援でさえ、なにもできないよりはマシだと思っています。なにより「音楽」のもたらす「チカラ」というのは、想像以上に力強いものだと、僕自身が信じているからです。

「東日本大震災」以降、困難な状況下に置かれた人々を救い続ける、敬愛する「山下達郎」氏の『希望という名の光』を被災地の皆様にお届けしたいと思います。

 

山下達郎 『 希望という名の光 』

 

被災された方の中には、今シーズン受験を控えている学生さん、そして受験生を抱えたご家族の方々も沢山いらっしゃることと思います。「ガンバレ」と言葉で言うのは容易いけれど、このCMのように「一歩を信じる」ことから、自分自身の「人生」もそして「復興」も始まるのかもしれません。

 


カロリーメイトCM|「一歩を信じる」篇 [大塚製薬公式チャンネル]
(音楽:山下達郎 『 希望という名の光 』)

 

何度でも何度でも、再生してください。心のよりどころになるのは、大人もいっしょです。

 

 

【雑記】梅雨の戻り

7月に入る直前に、西日本の一部よりも早く、観測史上最も早い「梅雨明け」が発表された関東甲信地方ですが、一昨日あたりから台風の影響もあって、「梅雨の戻り」「戻り梅雨」の現象が起きています。
九州方面から近畿・北陸を経て北海道まで、列島各地で発達した前線が大雨を降らせているようです。
とかく嫌われものの「梅雨」ですが、人の身体にとっては本格的な夏が来る前の、大切なウォーミング・アップの時期であったり、山間部のダムなども大事な水源を蓄えるためには、不可欠な時期でもあります。各地から伝えられるニュースを見るにつけ、自然との付き合い方の難しさを痛感するところです。どうか皆さんのお住まいの地域が、無事であることをお祈りします。

 

 

その一方では、10日近く太陽に水分を奪われ続けていた、沿道やあちこちで見かけられた、もはや瀕死状態となった枯れかけの「アジサイ」たちでしたが、このまとまった雨のおかげで、なんとか一部が蘇生してきました。例年よりずっと早く、もうアジサイの季節は終わってしまったと残念に思っていただけに、ちょっと一安心した出来事でした。

 

遠くロシアで開催中の「World Cup」では、いよいよ準々決勝が始まる頃ですね。
「Best 8」進出の壁が破れなかった日本代表でしたが、強豪国である「世界との差」がいよいよ縮まってきた印象を強く感じた、日本代表の戦いぶりでした。「16強」という決勝トーナメントに残る国々、ましてや「8強」に残るサッカー先進国では、当たり前のように自国のプロ・リーグの歴史が100年を超える国がほとんどですから、日本国内のプロ・リーグ「J-リーグ」が僅か「設立25周年」でしかないという現実を直視した場合、日本のサッカーがどれほどのスピードで進化しているか、賢明な方であれば容易に理解できることでしょう。もちろんそれには、中田英寿選手が海を渡って以降当たり前になった、現在の日本代表に名を連ねる選手たちが欧州を主とする海外リーグへ挑戦の場を移し、それぞれが切磋琢磨してきたその個々の過程が、いよいよ目に見える姿かたちや「結果」となって現われた、そんな大会になった気がします。「なんでダメなんだ」とか簡単に言う方々もいますが、とにかく熟成にはそれなりの時間が必要であり、「ローマは一日にして成らず」ということです。誰に決まるのかまだわかりませんが、新監督の下で次回本大会では「8強」を目指して欲しいものです。
 

さて曲は、「梅雨の戻り」もありましたので、昨年秋の「AC Tunes ~ Vol.61」で一度ご紹介済みではありますが、メランコリックな雨の情景が浮んできそうな、Ronny Smith(ロニー・スミス)『In The Rain With You』をチョイスしてみました。

 
 


Ronny Smith – “In The Rain With You”
(album: Shake It Up – 2017)

 

メロウなギタリスト、Ronny Smith(ロニー・スミス)気になった方はこちらのLINKをどうぞ。
 

 

 

【雑記】「イニエスタ」がやって来る

暑い日が続きますね。
かなり久しぶりの「サッカー」ネタです。

 

 

スペインの「2017/2018」シーズンの「リーガ・エスパニョーラ」での優勝を手土産に、「FC BARCELONA」でキャプテンも務めた生粋の選手であり「バルサの心臓」とも称えられ、スペイン代表選手でもある「Andres Iniesta」(アンドレス・イニエスタ)の、J-1 ヴィッセル神戸への移籍・入団会見が本日行われた。7月の「Russia World Cup」が終了した時点で、本格的に来日するとのこと。

これは、J-リーグのみならず日本のサッカー界全体にとって、大変価値のあることだと思います。世界のトップ・プレイヤー中のトップと言える存在の選手のプレーを見るだけでも、ましてや一緒に戦ったり対戦できることで、どれだけ経験値が上昇するかは、素人の我々が想像しただけでも、それはもう計り知れないほどだと思う。
バルサでの退団セレモニーと、神戸への入団会見で見せた実直な人柄を思わせる語り口は、さすがにスペイン国内でも定評ある、一流のサッカー・プレイヤーであることが窺い知れるようだ。
日本人でありながら、現地バルセロナでの取材・生活経験もある、スポーツライター「小宮良之」氏の記事が、大変興味深いので、興味のある方はぜひご一読を。

 

Andres Iniesta – The Last of his Kind – HD
 


FC Barcelona – Camp Nou Title Celebrations & Iniesta farewell
 


El Día Después (21/05/2018): Iniesta se despidió de su templo

 

 

(Photo by David Ramos/Getty Images)

 

大学アメフト界での不祥事が世間を賑わす中、選手としてプレーする立場であれ、選手やチームをサポートする立場であれ、アマチュアであれプロであれ、「スポーツ」本来の存在意義をいろいろと考えさせられるこの機会に、降って沸いたようなこの大型移籍ではありますが、あらゆる意味で一流に触れて感じるということは、意義のあることだと思います。そして、学生スポーツとはいえ「教育の場」であることに変わりありませんので、日本のスポーツ界全体が世界から笑いものにされぬよう、願うばかりです。

J-リーグからも目が離せなくなってきました。World Cup以降は、更なる移籍話も出てくるのでしょうか。

 

【雑記】さよなら「相棒」

いつの間にかサクラの季節も終わり、周辺で見かける例年より圧倒的に早い成長を見せる「青モミジ」の成育ぶりに驚かされたり、また列島各地では真夏日を記録したりと、この数週間はなんだかあっという間に時間が過ぎて行った印象が強く残る。

 

 

しばらくぶりにUPする記事をキーボードでタイピングするのも、二週間ほど前に自分の不注意から発生した自動車事故のせいで、案の定首から左肩にかけて若干の痛みと違和感が伴う。

思えば、約10年ほど前に「TOYOTA」のディーラーから試乗車だった「IPSUM」を、通勤車として中古で購入したのが馴れ初めだった。それから数年間、自宅から職場のある成田空港までの往復100kmの道のりを、深夜・早朝のシフト勤務時の文字通り「足」となって、いつも安全に僕を職場・自宅へと届けてくれた。そういえば、二人の息子たちのサッカーの試合や合宿の時も、方々走り回ったなぁ。
退職前に有給休暇の消化がてら「伊勢~京都~北陸」とクルマで旅をした時も、2011年の震災の2ヶ月前に会社を退職し、震災後は実店舗「Mellows」の開業に向けて、頻繁に出掛けた信州への往復の際も、そして開業前後もあれこれと準備に追われ、帰宅できない時には宿代わりとなったりと、とにかくいつもいつも一緒だった。僕にとって「IPSUM」は、特注トレーラーハウスの実店舗「メロウズ号」と同様に、苦楽を共にしてきた僕の大切な「相棒」だった。

「まだ乗ってるの?」って、みんな小ばかにしたように揶揄する人も少なからずいたけれど、ここ最近は22万キロと多走行なこともあって、あちこち小トラブルが重なりパーツ交換を余儀なくされたりと、それなりにガタがきていたのは正直否めない事実だった。車検の満了する来年秋までは、なんとか一緒に過ごしたかったけれど、悲しいことにさよならの日は突然やって来てしまった。

 

 

 

事故の際、自分が身代わりとなって、ひどく痛い思いをしてまでも、僕の命と身体をしっかりと守ってくれたのだと思う。
お店の「メロウズ号」も「IPSUM」も、いまはもう僕の手元から消え去ってしまったけれど、7年前のあの「大雪の夜」に撮影した写真は、いまでもこれからも僕の宝物だ。「二人とも」ありがとう。本当に心から感謝しています。

 

なかなか気の利いた曲が浮かんでこないけど、一昨年天に召された「レオン・ラッセル」のペンによる不朽のスタンダード『A Song For You』を、故「Ray Charles」(レイ・チャールズ)のカヴァーで、見送りたいと思う。

 

A Song For You | Ray Charles
 

 

 

“TOWER RECORDS” 創業者 ラス・ソロモン氏 逝去

春がやって来そうで来ないような、北朝鮮が米国と会談を持つ予定だとか、永田町では国政がひっくり返るほどの政局が混乱を極めている最中で、海の向こうの米国カリフォルニアからとても残念な「訃報」が舞い込んだ。

 

 

TOWER RECORDS (タワー・レコード)の名物創業者としてよく知られた、偉大な「Russ Solomon (ラス・ソロモン)」氏が、現地時間3月4日に、カリフォルニア州サクラメントにある自宅で、静かに息を引き取った。TVで第90回アカデミー賞授賞式を視聴中に、心臓発作を起こし、そのまま帰らぬ人となったという。92歳だったそうだ。

 

ABC7 News – SF Bay Area

 

ある意味自分にとっては、大好きなアーティストが逝去したのと等しいくらい、残念なことでならない。思えば大学生だった80年代、キャンパスが近かったこともあり、学校帰りはバイトに行く前に必ず週に3・4回は、東急ハンズの先にある宇田川町の旧店舗まで足繁く通ったものだった。
いつの間にやら店員さんとも親しくなり、会えばこちらの好みの新譜をそれとなく教えてもらったりしたことも、度々あったことを懐かしく思い出した。TOWERで入手できないものは、学校裏手の南青山・骨董通りにひっそりと存在しマニアが集結した伝説のレコード・ショップ「パイド・パイパー・ハウス (Pied Piper House)」か、TOWERのすぐ近くにあった「CISCO」だとか、それでも見つからないときは御茶ノ水の「disk union」辺りを、レコードを求めて彷徨っていた時代が、本当に懐かしい。とはいえ、お目当てのものは大体タワーで見つけられたものだった。

自分が会社員を20年以上続けた末に、独立して音楽にこだわりを持ったカフェをOPENしたのも、そして閉店した今でもこんな「音楽主体のブログ」をずっと続けているのも、若い頃に並々ならぬお世話になった「TOWER RECORDS」の存在抜きには、何ひとつ語れないものだ。つまりはラス・ソロモン氏の音楽ビジネスに対する尋常ではない情熱による影響もあって、「Mellows」が誕生し、そしてこのサイトがこうして存在しているともいえるのだ。

1990年代に入って、日本国内ではレコード会社をグループに持つ音響機器メーカーの「SONY」の主導で、海外諸国に比べると市場から一気にアナログ・レコードが駆逐され、あっという間に「CD」の時代に移行してしまった感が強い。その頃から、TOWER だけでなく、「CDショップ」という空間にうまく馴染めない自分がいて、いやでも出没頻度は減っていったものだった。
その後の「iPod」に代表される Digital Audio Player への移行に伴う「配信」の時代の到来が、結果的に街の「レコード屋」であるとか「CDショップ」を廃業に追い込んでいくわけだけれど、TOWER RECORDS ももちろん例外ではなかった。そのことは過去記事で一度大きく取り上げさせてもらったので、時間のあるときにでも、ぜひご一読願いたい。

 


“All Things Must Pass: The Rise and Fall of Tower Records”

 

世界中の人々にあらゆるカテゴリーの音楽に触れる機会を与えてくれ、「No Music, No Life.」の精神を教えてくれた偉大なラス・ソロモン氏のご冥福を、謹んでお祈りしたいと思う。そして心より御礼を申し上げたい。

 

R.I.P. Mr. Solomon…