Mellow Tunes ~ Vol.131【Joe】

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

夏もそろそろ終わり。ここしばらく続いた雨のせいか、蝉たちの合唱がやけに耳にまとわり付くここ数日間です。

 

そろそろ秋に向けて、ブログで紹介する音楽を探そうと思って古い作品を聴いていたところ、MAZE (メイズ)のアルバム群に耳が惹きつけられました。

Frankie Beverly(フランキー・ビヴァリー)率いる【MAZE ft. Frankie Beverly】は、1970年代から2000年頃に至るまで米国内においては、あの Earth,Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイア)と双璧を成す、とても人気のある FUNK/SOUL バンドでした。アース同様に一部のメンバーが亡くなったり高齢化といった事情もあり、2000年代に入ってからは一時期は活動を控えたり、ここ数年は米国全土をゆっくりとツアーで回っているようです。日本国内では、バンドの最盛期でさえプロモーションがほとんど行われず、アースと比較するとまったくと言っていい位、知られていないのが実情です。その辺りのことは過去記事で書いていますので、そちらをご参照ください。

現代R&Bの世界において、僕自身にとっては今後の「R&B」の方向性に一筋の明るい光を与えてくれるのが、【JOE】こと Joe Thomas の存在です。かつて過去記事でも書いたことがありますが、彼は多様化してしまった現代の「R&B」の状況を冷静に分析していて、「R&Bはかつて、とても品があって、スタイリッシュで、エレガントで、恭しかった。俺はR&Bに品格を取り戻したい。」と、アルバム『DoubleBack: Evolution Of R&B』の製作発表時に、語っていたこともあるほどです。

この人くらいの実力派アーティストになると、ほんとにごまかしの一切効かないステージ・パフォーマンスを見せてくれるものです。もちろんそれは、バックで演奏するミュージシャンの面々の力量も同様で、すごくテクニカルなことをサラっとやってのけてしまうものです。
2011年に来日した際の Billboard Live TOKYO でのアンコールで披露されたのが、今では MAZE の代表作とも言われる『Can’t Get Over You』のカヴァーでした。約14分に及ぶメンバー紹介も含めた熱演は「驚愕」の一言です。

 


Joe – Can’t Get Over You
(Live at Billboard Live TOKYO – 2011)

 

2009年にリリースされた『Silky Soul Music: All-Star Tribute to MAZE ft. Frankie Beverly』(タイトル長い)では、多くの第一線のR&Bアーティストが集結した MAZE へのトリビュート・アルバム中、この『Can’t Get Over You』を、JOEは「俺以外に誰が演るっていうんだ」とばかりに、原曲に忠実なアレンジで、本家「フランキー」を凌駕してしまうほどに再現して見せました。もう流石という以外にありません。

 


Joe – “Can’t Get Over You” Maze ft. Frankie Beverly Cover
(album: Silky Soul Music: All-Star Tribute to MAZE ft. Frankie Beverly -2009)

 

ホーン・セクションを携えた編成のバンドであれ、アコースティックなアンプラグドのシチュエーションであれ、自身のとびきりのヴォーカル・ワークといつもながらの美しいコーラス・ワークもしかり、ほんとに手を抜かないプロとしての姿勢に感心いたします。

 


Joe – “Baby” – Last.fm Original Showcase Live
(album: DoubleBack: Evolution Of R&B – 2013)

 

「Last.fm」の showcase Live は、どの曲も素晴らしい演奏で、YouTubeにも沢山UPされているので、ぜひご覧になることをお薦めいたします。

 

 

AC Tunes ~ Vol.58【土岐麻子】

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

急に暑さがぶり返した感のあるここ数日ですが、季節は確実に秋に向って進んでいるようです。
肉は不要で野菜だけでも生きていける自信のある僕のようなものにとっては、野菜の不作と価格高騰はちょっと困りますね。まあ、ちょっと今年の8月は確かに雨が多かったですからね。バランスってほんとに難しいものです。

 

 

ご存知の通り、めったなことでは邦楽を取り上げることのない当サイトですが、忙しくしているうちに新譜を聴き逃がしていた数少ないお気に入りの日本人アーティストの一人、「土岐麻子」のニューアルバムをやっと聴くことができました。
暑い盛りの7/26にリリースされた新譜の『HIGHLIGHT – The Very Best of Toki Asako -』ですが、新譜とはいっても冒頭とラストに収録された新曲2曲を除けば、彼女自身によってセレクトされた「ハイライト集」ということです。ご本人のコメントはといえば、

踊り出したくなる季節です。大人だしそうそううっかり踊れないけど、しのばせたイヤフォンの中だけでも気持ちは躍らせたい…という時のために、選曲しました。私のこれまでのアルバムのなかの”ハイライト”な楽曲達が、あなたの一日のいろんな瞬間に光をあてますように!(土岐麻子)

とのことで、まさにそんな内容のベスト・アルバムとなっています。二年前の夏に、一度過去記事で紹介したことのある「08 – セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~はもちろんのこと、次のトラックの「09 – 僕は愛を語れない」は相当にメロウな作品で、初めて聴きましたがえらく感動しました。「躍らせたい選曲」と本人は仰ってますが、これは言ってみれば「チークタイム」のミディアム・スローなバラッドで、本アルバムの中ですごくアクセントになって効いてますね。YouTubeに動画がないのが残念でなりません。ぜひレンタルしてでも、聴いてみて欲しい楽曲です。

所属レーヴェルのavexより、本作のまさに「ハイライトPV」が紹介されていますので、ご覧ください。

 


土岐麻子 / HIGHLIGHT -The Very Best of Toki Asako –

 


土岐麻子 / 「STRIPE」MV

 

 

AC Tunes ~ Vol.57【Chuck Loeb ~ RIP】

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

穀物や野菜等農作物への影響が不安視される、天候不順が続いた8月の関東地方でしたが、間もなく夏も終わりを迎えますね。

 

ここで残念な訃報を一つ。7月最後の31日、米国はNYをベースに、かつての「FUSION」、今で言うところの「Smooth Jazz」のカテゴリーに於いて、長らく第一線で活躍していたギタリストでありプロデューサーの Chuck Loeb (チャック・ローブ)が、ここ数年間患っていた癌で逝去しました。1955年生まれ、まだ61歳だったそうです。
フュージョン全盛時は「Steps Ahead」で、最近では「Bob James」率いる「Fourplay」への参加、そしてプロデュース業と平行して自身のアルバムをリリースと、病気と闘いながらの音楽活動を余儀なくされていました。
振り返ってみれば、ずっと長いこと聴いてきたアーティストにしては、このブログでの紹介は彼が過去にプロデュースした「Donald Harrison」の作品を一度取り上げただけでした。ジャズ・ギターのレジェンドでもあるジム・ホールから直接指導を受けるなどした、その卓越したテクニックによるチャック特有のギターの音色には、いつも人柄を窺わせる優しさが漂っていたように思います。

前作より3年振りの2016年にリリースされ、遺作となってしまったアルバム『Unspoken』より、心穏やかになるアルバムタイトルでもあるハート・ウォーミングな楽曲『Unspoken』を聴きながら、追悼いたしましょうか。そうそうたる参加アーティストの中でも、中盤で入ってくるブライアン・カルバートソン (Brian Culbertson)のピアノ・ソロの音色が、まるで花を添えるかのように、ひたすらに美しい作品となりました。

 

Chuck Loeb “Unspoken” – featuring Brian Culbertson
(album: Unspoken – 2016)
 

 

 

チャック・ローブのギターの音色は、「濃淡」の差こそされ、いつまでも「Ever Green」であることには違いありません。

R.I.P.  –  安らかに眠れ

 

 

AC Tunes ~ Vol.56【Sinne Eeg】

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

いやあ、涼しい。涼しい夏ですよ。これは9月の気候といってもいいくらい。
個人的には、ここ20年程徐々に進んだ温暖化に伴う例年の猛暑にずっと辟易していたので、涼しい夏は大歓迎です。ただ気になるのは、農作物への影響だけですね。

 

 

先日、時折訪れる近隣の公園周辺をカメラを持って散歩していたところ、早稲の田んぼでは早くも収穫を待つ稲の穂がもう頭を垂れ始めていました。なだかんだいってもやっぱり季節は確実に巡っているのを実感します。
涼しさに誘われて、過去あまり前例のない真夏のブログ更新状況となっております。気象予報士などによっては「まるで梅雨へ逆戻り」なんて表現している人がいるようですが、それにはなんだか少し違和感を覚えます。吹いてる「風」を肌で感じれば分かりますが、セミの鳴き声や湿気はあるけれど、それは確実に「秋の長雨」の時期のような肌触りの風が吹いてますね。モミジたちが色づく季節ももう間近。早く秋の到来を感じたいものです。

 

 

すこし曇りがちで涼しいこんなお天気の日には、北欧はデンマーク出身の歌姫【Sinne Eeg】(シーネ・エイ)のヴォーカルが、いつも以上に心地よく聴こえてきます。まるで、スカンジナヴィアの夏の心地よい風が吹き抜けるようです。
ぜひお見知りおきを。(彼女の詳細については過去記事をご参照ください)

 

 

Sinne Eeg – My One And Only Love
(album: Remembering You – 2010)

 


Sinne Eeg – Remembering You
(album: Remembering You – 2010)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.130【Prince】

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

不安定なお天気の続く今年のお盆休みですが、とにもかくにも涼しいのはいいことです。
想定外の涼しさが続くので、夏季としては異例の更新状況となっています。

 

 

前回の記事からの流れで、昨年他界した「紫の殿下」こと Prince(プリンス)をご紹介する、真夏の第二夜です。
前回取り上げた『Somewhere Here on Earth』もそうでしたが、彼の持つまるで万華鏡のような変幻自在の感性と才能には、改めて度肝を抜かれることが多々あります。デビュー当時からのファンの方々にしてみれば、別段不思議なことではないのでしょうが、自分のように故人となってからプリンスの多種多様な遺作に触れる人間にとっては、まさに「天才」と呼ばれることに誰も異論を挟まないレヴェルのアーティストであったと、認めざるを得ないでしょう。

一般的に知られた作品をこのサイトで紹介してもつまらないので、今回取り上げるのはこちら。プリンスが1990年頃に立ち上げた自身のレーヴェル「The New Power Generation (NPG)」から2002年にリリースされた前編ピアノの弾き語りのアルバム『One Nite Alone…』の幕開けを飾る、アルバムタイトルにもなっている1stトラックの『One Nite Alone…』が素晴らしい。美しくも儚げなピアノのイントロから始まり、徐々にファルセットのヴォーカルが入ってくる構成のバッラドです。
レコーディングでは恐らく意図したものと思われますが、(過去記事でも何度かご紹介済みですが)あの偉大なジャズピアニストの Keith Jarrett(キース・ジャレット)がかつて世界を驚愕させた、20世紀の伝説のライブとして名高い【The Köln Concert】「Part I」の演奏を彷彿させるような、ピアノのペダルを踏み込む音までも捉えており、いってみればプリンスによるキース・ジャレットへのオマージュなのではと思わざるを得ません。どうぞリンクをクリックして聴き比べてみてください。
それはそうとして、あらゆるカテゴリーの音楽をスポンジのように吸収し自分自身の色へと変えていく、「プリンス」という音楽家の果てしなき才能には、圧倒されっぱなしです。

 


Prince – One Nite Alone…
(album: One Nite Alone… – 2002)

 

ジョニ・ミッチェルの名曲『A Case Of U』のカヴァーをピアノの弾き語りで演奏しているのも特筆もので、とにかく美しい出来のアルバムとなっております。
尚、本アルバムは現在世界的に入手が困難となっており、オークション等でしか手に入らないようです。一方「Live」ヴァージョンのBOXセットでしたら入手可能なようです。

本当に世界は惜しい才能を失いました。残念です。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.129【Prince】

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「残暑お見舞い申し上げます」

立秋が過ぎ、お盆を迎え、残暑の季節となりました。
皆様におかれましては、旅行や帰省等、それなりに忙しく過ごされていることと思います。また、僕と同様、この時期休みなしでお仕事の方々におかれましては、本当に「お疲れ様」です。
先般の日本列島を縦断した「台風5号」が去ってから、翌日は「フェーン現象」による酷暑がありましたが、その後なんだかお盆以降にじわじわやってくる「涼しい空気」が例年よりも少し早めに流れ込んできたような、そんな気がするのは僕だけでしょうか。アウトドア・レジャー等を予定されている方にとっては困った状況かもしれませんが、夏がとにかく苦手な自分にとっては、この涼しい空気は本当にありがたい状況です。
 

 

さて、「パープル」がトレード・マークだった「殿下」こと『Prince』(プリンス)が逝去してから、既に一年以上の月日が経過しました。一人の「天才音楽家」であり時代のアイコンであったプリンスを失った現実は、音楽界にとっては途方もない損失であり、世界中のミュージシャンやファンからのありとあらゆるトリビュートが後を絶ちません。無理もないことです。
才能の塊で多作家だったプリンスが、活動後期にあたる2007年にリリースした『Planet Earth』に収録された『Somewhere Here on Earth』は、彼の才能の片鱗を垣間見るようなそれは Jazzy で美しく、そしてメロディックでメロウな作品として後世に遺されました。
このアルバムには、過去記事で紹介した『Future Baby Mama』も収録された、素晴らしい内容のアルバムとなっております。

 

Prince – Somewhere Here on Earth
(album: Planet Earth – 2007)
 

とびきり美しい仕上がりで撮影されたこちらのPVのロケ地が気になり、調査しましたところ、東欧のどこかだろうなとは想像してましたが、やはり「チェコ・プラハ」に実在するこちらの場所だそうです。とても幻想的で、かつてのプリンスとは違ったイメージの大人向けの作品ですね。

なんだかちょっと秋めいた風さえ吹いているこの数日間ですが、こんな作品を聴いたりするにはよいタイミングかもしれません。