Mellow Tunes ~ Vol.116 【Hall & Oates】

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

なんだかんだで、約一ヶ月ぶりの更新です。
更新お休み中は、多くのブログ・リーダーからのメールや、私はやっていませんが「FB」でのシェア等で、サポートいただきありがとうございました。こうして書いている間にも、何人もの方が「まだか、まだか」とアクセスしてくださっているようで、ちょっと焦ります。
そんなこんなで、あっという間に季節も駆け足で春から初夏と思われるような勢いで、日々進んでいるようです。気がつけばもうすぐそこに「雨の季節」の足音が聞こえてきています。
体調は一進一退というか、調子のいい時もよくない時もありますが、ゆっくりと付き合っていくほかないようです。季節の変わり目は要注意かもしれません。

しばらく音楽を聴くのも辛い状況があったので、気晴らしにコンデジ・カメラを持ち歩いて、散歩しながら「季節の小さな変化」をちょっとずつ切り取っていました。だいぶ貯まってきてるので、少しずつ記事中にCUT-INしていこうかと考えてます。

 

 

 
 

 

耳鳴りのせいもあって、デジタルの音がこの頃やけに耳に不快な感じでまとわりつくので、中・高生の頃から必死で30年位取り溜めていまだに捨てられない何百というカセット・テープの音源の一部に久々に触れてみたら、デジタルに慣れてしまった耳にとって、アナログの少しこもったような音がとても優しく感じられ、なんとも意外な発見でした。僕らの子供たちの若い世代の間では、80年代のカルチャーが本格的なブームとなっているようで、ファッションとかだけでなく音楽の世界でも、アナログ・レコード・プレイヤー、カセット・デッキやラジカセあるいはかつてのカセットの「WALKMAN」的なポータブルのプレイヤーも、マニアの間では売れているらしい。事実米国だけでなく日本国内でも、多くのプロ・アーティストがアルバムをアナログLPレコードはもちろんのこと、カセットでリリースするケースもずいぶん増えてきているという。「無い物」を求めたり、過去の流行がまた巡るというのは、いつの時代も変わらないらしい。面白い現象だと思う。

懐かしい70-80年代の音楽をカセットテープを通して聴いて思ったのが、やっぱりこの時代の音楽は当然のことながら肌に馴染むし、現代の混沌とした国際情勢など感じることもなく、純粋に音楽を、「文字通り」楽しんでいたなって改めて思いました。これから紹介するPVの中でのひとコマではないけれど、小学生の頃から世界中の短波ラジオが聴けるラジ・カセで、毎日毎晩こうして米国や欧州の音楽を探してたことを、ほんとに懐かしく思い出しました。(涙)

このブログでも何度も取り上げてきた、僕の大好きなアーティストである、Daryl Hall & John Oates(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)もそんな時代にスーパーな活躍をした、ビッグ・アーティストの一組なのは、皆さん知っての通り。
更新をお待たせしてしまったことに因んで、今回は彼らの1979年の大ヒット作品『Wait for Me』を取り上げてみます。

 

Daryl Hall & John Oates – “Wait For Me”
(album: X-Static – 1979)
 

 そして、かつて「Mellow Tunes ~ Vol.23」でも度取り上げたことのある、白人とは到底思えないダリルのソウル・ミュージックへの愛情とリスペクトを感じる、ソウル・フレイヴァー溢れる作品『What’s In Your World』を聴きたくなりました。こちらはダリルのソロ・アルバムからです。


DARYL HALL – “What’s In Your World”
(album: Can’t Stop Dreaming – 1996)

 

作品のリリースの頻度はスロウになってきたとはいえ、二人ともいい歳の取りかたをしていて羨ましい限り。まだまだ頑張って欲しいものです。

 

 

お知らせ

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

明日からGW突入ですね。色々ご予定もあるブログ・リーダーの方も多いことでしょう。日々のご訪問、いつもありがとうございます。
まもなく連休に入りますが、列島と日本海を挟み、なにやら不穏な空気といやな緊張感も漂いつつある最近の国際情勢となっています。一方国内では、まったく一般常識や日本語が通じない政府閣僚の話題で持ちきりです。日本の内も外も、「わがままな大人たち」による言動や行動で、落ち着きがありません。本当に困ったものです。

 

「Mellows」のコナー席横にあったモミジ(カエデ)の様子 (Apr, 2017)

 

さて、本題の「お知らせ」ですが、しばらくブログの更新をお休みいたします。
「いつも休んでるじゃないか」とお叱りを受けそうですが、どうも一年ほど前から症状が出ては消えてを繰り返していた「耳鳴り」と軽いめまいの症状がここ数週間治まらず、医療機関で診てもらったところ、「メニエール症候群」のようです。人の声も、仕事上の電話も、そして悲しいことに大好きな音楽までもが、今は耳の中で反響して、小さな音でさえ聴いているのがしんどい状況です。
今では完全に「音楽ブログ」となってしまった当サイトですが、いつも沢山の候補作品をPC・車内・ときどきイヤフォンなどで色々聴いて選択し、最終的に記事をUPするのですが、今はちょっとそれをするのが厳しい状況です。調子が好転しましたら、またそのうち復活すると思いますので、それまでしばしお休みを頂戴します。
連休中暇でやることがないといった方、よければサイトマップ等で検索して、過去記事でもお楽しみいただければと思います。
それではまた。

 

 

 

 

【雑記】4月の風景

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

春からまるで初夏とも思えるような陽気の日もあるくらい、季節が足早にシフトしているような印象を受ける今日この頃です。そしてあっという間のGW突入ですか。
なかなか、ブログを更新する余裕がなく、月が変わってしまう前に、いつかまた振り返ることがあるかもしれない今年の4月の風景の記憶を留めておく為に、春の風物詩を貼り付けておかないといけません。

 

 

 

さて音楽のご紹介ですが、最近よくJ-WAVEで掛かってた聴き心地のよい作品を、一曲ご紹介。John Mayer(ジョン・メイヤー)は米国はコネチカット州生まれ・育ちの今年で40歳を迎える、ギタリストでありシンガー・ソング・ライター。グラミー賞は常連で、すでに7冠を獲得といった、すごい経歴の人です。
まるで日本のGWに合わせたかのようにリリースされたばかりのアルバム『The Search For Everything / ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』から、『Still Feel Like Your Man』の出来が素晴らしい。
ちょうど一年前に逝去した「プリンス」ではないけれど、彼がこれまで聴いてきたであろうすべてのジャンルの音楽の要素が一曲に詰まっているようで、ギターの技術と共に「天才」と称されるのがよく分かります。まずはLIVE映像、そしてアルバムからのオリジナル音源をどうぞ。

 


John Mayer Performs ‘Still Feel Like Your Man’

 


John Mayer – Still Feel Like Your Man
(album: ‘The Search for Everything’ – 2017)
 

興味を持たれた方は、こちらの「SONY MUSIC」のサイトへどうぞ。

 

 

AC Tunes ~ Vol.51 【MONDO GROSSO – ②】

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

雨の日を挟んだりしながら、春と冬が忙しく行ったり来たりして、日本の各地から桜の開花が伝えられてきています。
そうかと思えば、海の向こうのあちこちからは、なんだかキナ臭いニュースばかりで、すこしはこの時期の日本人のように、美しい桜を愛でるような習慣を持ったらどうかと、そんなことを思ってしまいます。それとも、我々が「平和ボケ」なのか、大陸に居住しない国民の特徴なのかもしれませんが..

 

 

 

さて、前回「MONDO GROSSO」の記事をUPしてからというものの、各方面でブログ・リーダーの皆さんがFBでシェアしてくださったりと、結構な反響を頂いているようなので、今回も引き続き奇才・大沢伸一の過去の作品から、一曲PICK-UPしてご紹介します。

 

 

1997年にリリースされたアルバム「Closer」に収録された「Shoulda Been Lovin’ You」は、作曲は大沢氏本人、作詞はリード・ヴォーカルを務める「Stephanie Cooke」が担当しています。また、アルバムのジャケット・デザインですが、気付かれた方もいると思いますが、先日「トミー・リピューマ」追悼記事の中で紹介した「マイルス・デイヴィス」の大傑作『TUTU』と、そっくりなところが、大沢氏の音楽的なルーツのカテゴリーが多岐に渡っていることが伺い知れるところです。そして大沢氏が創り出す楽曲は、世界各地の女性ヴォーカリストとの親和性がとても高く、音楽の国籍をまったく感じさせない「無国籍」な音作りもそうですが、そのセンスと才能にはまったくもって脱帽ものです。

 


Mondo Grosso – “Shoulda Been Lovin’ You”
(album: Closer – 1997)

 

「適材適所」という言葉がありますが、「MONDO GROSSO」のようなプロジェクト主体のやり方であれば、その楽曲にもっとも適した人材を「演奏者」や「歌い手」として厳選できるとことが、最大の強みと言えるでしょう。
アシッド・ジャズ界の草分けであり現在でもその頂点に君臨する、JP’ブルーイ’モーニック率いるIncognito(インコグニート)と、その存在が被って見えるのは、きっと僕だけではないと思います。

 

 

AC Tunes ~ Vol.50 【MONDO GROSSO】

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

新年度の4月に入って、場所によっては桜も咲き始め、ようやく春の到来といったところでしょうか。今日の夕方には「春雷」がやって来たり、そういう季節になったのだと気付かされます。街角のいたるところで見かける花壇や植込みの生き物たちも、ようやく訪れた「春」を謳歌しているような印象です。

 

 

 

当ブログに来訪されるブログ・リーダーの皆さんであれば、1990年代~2000年代初頭に掛けて精力的な活動を行い、世界的にも広くその才能を認められたプロデューサーでありDJでもある奇才「大沢伸一」氏によるプロジェクト『MONDO GROSSO』(モンド・グロッソ)のことはご存知の方も多いことでしょう。
『MONDO GROSSO』は1991年に彼のホームでもある京都でバンドとして活動を開始し、時を経て1996年には大沢氏本人のソロ・プロジェクトとなりました。「UA」「bird」「Monday 満ちる をはじめ、とりわけ多くの女性シンガーが彼とのコラボによって、メジャーな世界へ羽ばたいていったのは、音楽好きな人々の間ではよく知られている事実です。

アシッド・ジャズやクラブ・ミュージックにカテゴライズされがちなものの、FUNK/R&B/HIP-HOP/JAZZ/BOSSA NOVA/LATINといった多くの要素を包括したその極めて高い大沢氏の音楽性は、日本人の音楽家としては国際的な評価が圧倒的に高いアーティストであります。しかしながら、2003年にリリースしたアルバム「NEXT WAVE」以降、「MONDO GROSSO」としての活動を中止していました。その彼がようやく長い沈黙を破り、2017年の4月に、14年の歳月を経ていよいよ復活するという嬉しいニュースが世界中に配信されています。今年中に発売を予定している、待望のNEWアルバムからの先行シングルとなる新曲『ラビリンス』は、「東京スカパラダイスオーケストラ」の谷中敦作詞、新たな女性ボーカリストをフィーチャーした日本語による歌詞の楽曲となるようです。完全生産限定12inchアナログ盤で「RECORD STORE DAY」の4/22にリリース予定とのこと。数十秒だけの動画がYouTubeに上がってますが、期待させる音作りですね。やっぱりこの人「天才」なんだと思います。

 

 

そんな訳で、更なる飛躍を期待しつつ、2000年にリリースされた『MONDO GROSSO – BEST』より、アルバム中9-10曲目に収録されている2作品をご紹介。フィーチャリングされた女性ヴォーカリスト「Jhelisa」のヴォーカルが素晴らしい『Give Me A Reason』そして『Slow It Downと2曲続けてご堪能ください。
尚、特筆すべきは2曲目の『Slow It Downで、あのQuincy Jones (クインシー・ジョーンズ)が1981年に発表した名盤『THE DUDE』に収録された、『Velas』のイントロ部をサンプリングしており、昨年他界した世界一のハーモニカ吹きのとして愛された Toots Thielemans (トゥーツ・シールマンス) による口笛のソロを巧みに取り入れているのが、もはや氏の非凡さを証明しています。『Velas』は元々南米ブラジルの音楽家 Ivan Lins (イヴァン・リンス) の作品であり、彼なりのルーツとなるアーティストたちへのリスペクトとオマージュといえるのではないでしょうか。(この「口笛」の音色に興味を持たれた方は、どうぞこちらの記事もご覧ください)

 


Mondo Grosso – “Give Me A Reason”
 


Mondo Grosso – “Slow It Down”

 

当ブログでも過去に1974 – WAY HOMEという作品を紹介していますが、この記事は当ブログ内でも上位TOP3に入るくらい世界中からアクセスがあり、事実Googleでの曲名によるワード検索でも、僕の書いた記事が今日現在の検索結果1,640万件中、ありがたいことにTOP表示となっています。この記事をUpしてからここ何年もこんな結果なので、「MONDO GROSSO」の音楽がいかに世界中で支持され、また時代が変わっても関心を持たれていることが窺えます。もっともそんな結果も、大沢氏の創り出すこのシンプルな楽曲の完成度の高さと音楽性に尽きるわけですが。復活、期待大です。

 

 

AC Tunes ~ Vol.49 【Michael Franks】

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

今日で、慌しい年度末の3月もお終い。だというのに、季節は冬と春を行ったり来たり。まあ、その辺りの気候的なことも、「別れと出逢いの季節」の演出に一役買っているのかもしれません。

 

 

数日前に時折立ち寄る近隣の公園でちょっと散歩してみたら、植物の世界にはすでに春がやってきていました。例年のことながら、まるで「時計仕掛け」のようで、自然界はすごいなあといつも感心しきり。

 

 

 

 

先日他界した「トミー・リピューマ(Tommy LiPuma」のプロデュースによって、1970年代に一気にブレイクした「Michael Franks(マイケル・フランクス)の「THE ART OF TEA」から始まった一連のヒット・アルバムの数々については、当時のJAZZ/FUSION/AORといったジャンル好きなご同輩であれば、皆さんよくご存知かと思われます。1980年にリリースされた『One Bad Habit』も、トミー氏プロデュースのアルバムの一つですが、その中から一曲『On My Way Home To You』をご紹介。
以前にも過去記事で下の動画を使用させてもらったのですが、僕の記憶が間違ってなければ、New York 市街地のあるマンハッタン島の反対側に位置する「スタテン島(Staten Island)」から、摩天楼を遥か彼方に見る眺めなはず。ずいぶん昔、バッテリー・パーク付近のフェリー・ターミナルから運航してるフェリーに乗りこの島に渡って、結構な数の写真を撮った覚えがあります。それはそうと、すごく素敵なCUTの写真が曲にとてもマッチしてますね。

 

Michael Franks – “On My Way Home To You”
(album: One Bad Habit – 1980)
 

そしてもう一曲は、それまで数作続いてきたトミー氏から一旦距離を置き、新たにプロデューサーとして「Michael Colina」と「Ray Bardani」を迎えることによって新境地を開拓することになった、マイケルの1982年にリリースされた『Objects of Desire』から、メロウなデュエット作品をご紹介。その名も『Love Duet』とタイトルが与えられた本作品は、長い彼のキャリアの中でも燦然と輝くLove Ballad として、古くからのファンにも愛されてきた作品です。(本作は、アルバム・ジャケットに使用された「ゴーギャン」の名画「二人のタヒチの女」で当時話題を呼びました。)

 

Michael Franks & Renee Diggs – “Love Duet”
(album: Objects of Desire – 1982)
 

僕の敬愛する David Sanborn (デイヴィッド・サンボーン)による、アルト・サックス・ソロのイントロから始まるこの作品では、マイケルのジェントルで出しゃばらないいつもの囁くようなヴォーカルに、80年代に活躍したFUNKバンド「STARPOINT」の女性リード・ヴォーカリストだった「Renee Diggs(レニー・ディグス)、のsoft & Mellowなヴォーカルが相対し、そこに当時メロウネスを極めた感のあるサンボーンのアルトが絡みつくその三つ巴の様は、リリースから35年が経過する今聴いても、実に感動的な作品となっています。