Slide #01
Slide #02
Slide #03
Slide #04
Slide #05
Slide #06
Slide #07
Slide #08
Slide #09
Slide #10
Slide #11
Slide #12
Slide #13
Slide #14
Slide #15
Slide #16
Slide #17
Slide #18
Slide #19
Slide #20
Slide #21
Slide #22
Slide #23
Slide #24
Slide #25
Slide #26
Slide #27
Slide #28
Slide #29
Slide #30
Slide #31
Slide #32
Slide #33

Mellow Tunes ~ Vol.273【Best Mellow Tunes – 2020】

いつもご訪問ありがとうございます。
「Twitter」では思いつくままに随時 Tweet してはいるのですが、ブログを楽しみにしていてくださる方々には、しばらくの間更新ができずに申し訳ありませんでした。

年が明けて間もない頃より、徐々に広がりを見せ始めたコロナ禍で過ごした2020年でしたが、今年も一年間「仕事」に「家事」に「学業」に、みなさんお疲れさまでした。かつての実店舗「Mellows」のOPEN準備期間(2010年末)より継続している音楽主体の当ウェブサイトですが、コロナ禍による在宅で過ごす時間の増えたGW(連休)あたりから始めた方が圧倒的に多いと聞く「Twitter」へ、情報発信のステージを移す流れとなりました。「Twitter」でフォロワーさんが増えるに従い、興味をお持ちになった音楽好きのご同輩の多くの方が、過去記事を閲覧するために、当ブログへと逆流・還流するといった現象が生じたのは、正直嬉しい誤算でした。いずれにしましても、当ブログ並びに今年から始めた「Twitter」のアカウントへも、懲りずに定期的なご訪問、本当にありがとうございました。

コロナで始まり、コロナで暮れてゆく2020年でしたが、大半の方々にとっては、あらゆる生活様式の変化への対応が求められた、大変な一年であったことでしょう。こんな困難な時期にこそ、日々の生活に癒し・安らぎそして喜びを与えてくれる「音楽」の数々には、これまで以上に存在意義が増してきているような気がしてなりません。

 

 

ここ数年の年末の恒例企画ですが、当サイトにてその年にご紹介したアーティストや作品の中から、【Best Mellow Tunes】として、発表そしてプレイリストも公開しています。
今年(2020年)に関しては、「Twitter」を始めたことで、少なくない国内のアーティストの方々とも直接コンタクトを取れる状況が生まれたという背景もあり、国内作品も多めにPICK-UPさせていただきました。中にはもうすぐにでも「Global Market」で違和感なく勝負できるような水準の作品も、国内のアーティストから生まれてきているのは間違いない事実だと思います。コロナ禍でもアーティストの皆さんの情熱で沢山の素晴らしい作品が、「国内外を問わず」リリースされた印象がとても強い一年となりましたね。僕自身にとっては、実に「今年は豊作」だったということに尽きるのかもしれません。いずれにしても、あくまで僕自身の感性で選曲した極々「私的なBEST」であり、順位等もございませんので、誤解なきようご了承ください。

「プレイ・リスト」の編集上、基本的には「YouTube」に動画がUPされてる作品を選んでいます。また「Spotify」にも加入しましたので、折を見てそちらでも編集・公開の予定です。

また、今年も【Domestic】(国内)部門(11曲)と【Global】部門(18曲)とに分けて選ばせていただきました。

それではどうぞ、それぞれの「プレイ・リスト」をお楽しみください。

 

Best Mellow Tunes of 2020 [Domestic Ver.]

 

 

 

Best Mellow Tunes of 2020 [GLOBAL Ver.]
 

 

繰り返し申し上げますが、あくまで極々「私的なBEST」です。その点はどうぞご了承ください。また、ご意見・ご感想などは、Twitter」の方へお寄せくださると幸いです。

それでは皆さま、よいお年をお迎えください。

 

 

 

MOMIJI 通信 【2020】

毎年「師走」の声が聞こえてきそうな11月の終わり、モミジたちは紅葉のピークを迎えます。
地球上の人類が初めて経験するコロナ禍の今年でも、樹々たちの自然の営みは変わらずマイ・ペース。こんな時こそ、それがいちばん大切と気付かせてくれる自然界の普遍的なサイクルに、いつも以上に感謝の念に堪えないほどの、記憶に残る一年となりました。

 

 

 

実店舗「Mellows」閉店と同時に我が家の小さな庭に移植された、営業当時のシンボル・ツリーの「モミジ」たちも、開業当初から数えるともう「10回目」の冬を越えようとしています。
コロナ禍の今年は、例年列島各地で災害をもたらすことの多い大型台風の上陸などもなく、今年もいつも通りの素敵な色合いを、終わりかけの晩秋のこの時期に見せてくれました。本当にありがたいことです。

今年もギャラリーにしてみました。閉店後もモミジたちの成長を温かく見守り続けてくださっている営業当時のお客様はもちろん、今年コロナ禍で自粛を余儀なくされた時期からスタートした「Twitter」を通して知り合えた多くのフォロワーの皆様にも、遅くなりましたが僕からの「秋」のお裾分けです。どうぞ、メロウな音楽と同様にお楽しみください。
そしてUPLOADも更新もしやすい「Twitter」には既にUP済みの動画も、ついでにお楽しみいただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

Coffee Break ~ Vol.17【After Hours】

コロナ禍で初めて経験する今年の秋ですが、列島各地からも台風等による大きな災害のニュースを耳にすることなく、ここのところ穏やかな秋らしい日々が続いています。朝夕はめっきりと涼しくなり、日暮れの時間がどんどん早くなってきました。
 

 

よろしければ、心地よい音楽でも聴きながら読み進めてください。

 


After Hours – Glenn Frey
(album: After Hours – 2012)

 

ここ数か月間繰り返しお伝えしていますように、これまでブログの方へ頻繁に訪問して下さっていた皆さんには申し訳ないのですが、場所と端末を選ばない更新の容易さであるとか、更新内容へのリアクションの迅速性といった部分を重要視した結果、音楽関連の情報更新については、ステージを「Twitter」へとシフトいたしました。ブログへのアクセス数から比較すれば、まだまだフォロワーさんの数は多いとはいえませんが、気の向くままにマイペースでやっていこうと思っています。半面、Twitter を経由してブログへ流れて来られる方も決して少なくなく、過去記事を閲覧していただくことにはなりますが、もともと「最新」の音楽やトピックにこだわってきたわけではないので、このブログの存在を知っていただけるだけでも大変有難いことと、認識を新たにしているところです。

お店「Mellows」があのまま営業を続けることができていれば、11/1の今日で10年目を迎えることになるわけですが、飲食関係者が営業を持続していくには、メロウズが開業したあの震災の年以上に厳しい状況が、コロナ禍によってずっしりと重くのしかかっています。大企業を経営母体とする飲食店であってもそうであるように、個人で営業を続ける飲食店のオーナーにとっては文字通りの死活問題であり、閉店を余儀なくされるお店が、増えることはあっても減ることはないというのが実情だと思います。
当時のお客様との約束で継続しているこのブログも、開業前からなので既に10年が経過しました。どれだけの数の、実店舗を知っているお客様が訪問されているかは分かりませんが、「Mellows」の存在が物理的になくなって以降、訪問していただく方が圧倒的に多いと思われます。いずれにせよ、ここは自分自身の拠り所でもありますので、更新はスロウになっておりますが、閉鎖することは考えておりませんのでご安心ください。
尚、ブログ記事更新の際には Twitter 上でもお知らせしますが、以前の僕同様にSNSはやらないという方も少なくないので、そんな方はPCならば「右ウィジェット部」、スマホであれば「ページ最下部」に更新通知のオプションを準備してますので、よろしければご利用ください。

季節の変わり目です。皆様どうかご自愛ください。

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.272【aimi】

もう11月ですね。「晩秋」という言葉には、「晩夏」という言葉以上に、なんだか「もうすこしだけ、ここにいて」って、去り行く季節にそんな声さえ掛けたくなるような寂しさがいつも付きまとうのは、僕だけなんだろうか。今年2020年の冬至は12月21日だそう。それまでは日中がどんどん短くなるだけ。そろそろ冬支度をしないといけません。

 

 

 

さて。前回そして前々回と、国内女性アーティストをご紹介してきた「Mellow Tunes」シリーズですが、今回も国内女性シンガー・ソングライターを三夜続けてのご紹介となります。
今日紹介させていただくのは、10/25に開催された配信ライブ【GS BAND】~GS JAM~(前出のスーパー・ギタリストの「上條頌」さんも共演)に、最初予定されていた、僕もイチ推しの男性 R&Bシンガーの『DAISUKE』さんのピンチヒッターを、急遽務めることになった『aimi』さん。OPENINGの一曲目で初めて遭遇した彼女の声を聴いた途端に、もうワン・フレーズで鳥肌が立ちました。その後はもう彼女の声と歌い方が、配信LIVE中から俄然気になって、心を落ち着けて、翌日になってから最新リリースのEP『Water Me』Spotify で早速聴いてみました。
想像しやすくかつ印象深い英単語による短いワードのタイトルが付けられた計5作品は、スタジオ録音ゆえにライブとは違った安定感で、素晴らしいミニアルバムになっていました。
以下、YouTubeにUpされているものから、3曲ほど取り上げてみました。論より証拠。まずは頭の中を空っぽにして、じっくりと聴いてみてください。

 


Track-1: Show Me
Track-2: Thinkin’ (feat. issei)
Track-3: Pretty Lies
(EP『Water Me』2020)

2曲目の『Thinkin’』(feat. issei) は、前々回ご紹介した『ASOBOiSM』さんの「Whateva♡ (feat. issei)」でも Duo の相手を務めた『issei』さんですが、この方も今後の動向が注目される実力派の、メロウな男性シンガー・ソングライターですね。なにせ声の震えと艶が尋常ではなくて、国内に限っていえば、こんな Vocal を聴かせてくれるシンガーはそうそういません。正直なところ、World Market で戦える声をギフトとして持っている人だと思います。『issei』さんについては、別途また改めて紹介したいと思っています。

 

 

※各種配信音源はこちら

 

もともと、海外アーティストの紹介が9割を占めている当サイトですが、今国内のR&B 界の動向から目が離せないくらい、制作陣のプロデュサーをはじめ若い世代のアーティストたちが、かなり充実してきている印象を受けます。
コロナ禍が奪っていったアーティストたちの表現の場である「Live」が、新たな「配信」という武器を獲得することで、これまで会場に足を運ぶことのできなかった地域の人々や音楽から少し遠ざかってしまった中高年の元々音楽好きだった層へと、その音楽が届くような状況が必然的・偶発的に生まれてきました。「こんなアーティストがいるよ」と国内のみならず広く海外まで発信できる体制が整ってきたのは、あくまで「リスナー側」としては、ある意味嬉しい誤算と言えるのかもしれません。とはいえアーティストの皆さんにしてみれば、まだまだ苦境が続いているわけで、またこれからはコロナ禍以前と同じような環境でのライブの実施は難しいと思われます。先だっての「山下達郎」氏の超高音質配信ライブの実験的な試みなどからも、音楽の聴き方がサブスクに切り替わってきたように、今後は観賞のオプションとして「配信」を軸にライブを構成したりするようになってくると、容易に想像できます。箱のキャパシティはある意味「無限大」ですから。音楽の送り手にとっても、聴き手にとってもメリットが発生する方法を、なんとか模索していくしかありません。
僕も一音楽ファンとして、このようなWEB上の場所を利用することで、支援していけたらと願っています。

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.271【Furui Riho】

一年の内でいちばん好きな季節の秋。一雨ごとに秋も深まる今日この頃。コロナ禍だとかは関係なく、新緑の時期から夏の間、あれほど目にも眩しかった樹々の緑の葉っぱたちも、そろそろ役目を終えて、地上にゆっくりと舞い落ちる頃。また来年。

 

 

僕自身の基準で、「メロウ」だなと思ったアーティストや作品を取り上げている、当ブログの定番コーナーの「Mellow Tunes」も今回で「Vol.271」。音楽関連記事以外でも、何かしら音楽を添えているので、まともに数えたことがないけれど、おそらく1,000曲以上は取り上げてきているのではないでしょうか。今日は、前回の『ASOBOiSM』さん同様に、これまであまり取り上げることのなかった国内のアーティストを取り上げたいと思います。

 

 

「Furui Riho」さんは、北海道を拠点に活動する、実力派の R&B シンガーソングライターです。
彼女を知るきっかけとなったのは、当ブログでも何度かご紹介したことのある、国内R&B界を背負って立つ3人のプロデューサー・ユニット『X-Change』のメンバーでギタリストの「上條頌」さんが、コロナ禍でスタートさせた毎週木曜日の夜に開催される配信 Live『Sho’s Jam』でした。この「Jam」では、上條さん以外の演奏メンバーがほぼ毎回入れ変わり、その都度バンドに適したゲスト・ヴォーカリストを招くのがいつものスタイルになっており、彼女の姿を見たのも歌声を聴いたのも、それが初めてでした。

もともと教会のクワイアゴスペルにルーツを持つという彼女の Vocal は、なるほどとても力強く、安定感もあり、独特のフロウでリスナーの耳を引き付けて決して放そうとしない。スピード感のある楽曲もスロウ・ミディアムに至っても、実力の片鱗を見せつける。札幌地区はもちろん、北海道では知らぬ人はいないというその存在感は、決して伊達ではない。出逢えてよかったと思えるアーティストの一人であることに、間違はありません。本当に今後が楽しみなアーティストです。
(*詳細なインタビュー記事は「こちら」)

 


Track-1: Furui Riho – “Rebirth” (Music Video) 2019
Track-2: Furui Riho – “I’m free” (Music Video) 2020

 

リスナー側の音楽聴取スタイルが、サブスクや配信といったシステムの移行に伴う音楽産業界全体の構造変化によって、多種多様なアーティストがメディア側から一方的に与えられる時代が終焉を迎えたのは知っての通り。広く大衆にアピールする一握りのアイドル・グループやアーティスト以外は、もはやフィジカルな「CD」のリリースもなく、大半がサブスク・配信・ストリーミングでのリリースへと、大きく舵を切って久しい。それだけに、時として、何かをきっかけに国内のあらゆる地域から、未知の実力あるアーティストが突然目に前に出現したような気持になることが、この頃少なくない。今後もそんな新たな才能との出逢いを提供してくれる『Sho’s Jam』の存在からも、目が離せない。

 

※各種配信サイトは「こちら」