Category Archives: “Mellow Tunes” series

Mellow Tunes ~ Vol.211【CHEMISTRY】

まだまだ寒い日が続きますね。
「心を込めたハンド・ドリップ珈琲」と「手作りスウィーツ」、そして「とっておきのメロウな音楽たち」。『coffee, sweets & music』それが、今はなき実店舗【Mellows】の大切な約束事。こんな寒い季節に、屋外で少し冷めかけた珈琲を飲んでいると、ふとそんなすこしばかり切ない記憶の波が、どっと押し寄せてくることがあります。

 

 

日本人として、純粋に「R&B/Soul」を追及しているアーティストといえば、「鈴木雅之」「久保田利伸」氏、そして「CHEMISTRY」の二人。僕にはこの3組のアーティストが、誰よりも真っ先に脳裏に浮かぶ。そして、彼らの傍らには、R&Bをはじめ「Black Music」を知り尽くした、一人のプロデューサーの存在がいつも欠かせない。

「松尾 潔」プロデュース作品、「CHEMISTRY」の再始動後第三弾:両A面シングルとなる「もしも / 夜行バス」が昨日リリースされた。オーセンティックでストレートなアレンジが施され、R&Bの王道を行くバラッドに仕上げられた、「もしも」の完成度が素晴らしい。

 


CHEMISTRY 37thシングル収録曲『もしも』Music Video

 
 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.210【Ella Mai / H.E.R】

いつもご訪問ありがとうございます。
しばらくぶりの更新ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
2月も中旬となると、「真冬」と「早春」がせめぎ合いを見せるような、そんな日々が多くなってくるものです。

 

 

 

太平洋の向こう米国L.A.では、恒例の「第61回グラミー賞授賞式」が、現地時間2/10に盛大にとり行われました。トランプ政権になってからの「グラミー賞」も「アカデミー賞」も、いやでも米国内の政局や社会情勢を反映するかのような、そんなちょっと日本に住んでいるとわからないような、デリケートなファクターによる影響が、今年の受賞作品・アーティストにも見受けられるような印象を持ちました。

とはいえ、当サイトでも取り上げ応援していた、『Ella Mai』『H.E.R.』が順当にそれぞれ受賞したのは、とても嬉しい知らせでした。

 


Ella Mai – Boo’d Up
Best R&B Song (最優秀 R&Bソング)

 


H.E.R. Featuring Daniel Caesar – Best Part
Best R&B Performance (最優秀R&Bパフォーマンス)

 

次世代を担う、若き「メロウな歌姫」二人の受賞に乾杯。

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.209【James Ingram ~ R.I.P.】

足早に過ぎていく一月が終わろうとしている中で、遠い海の向こうから、大好きだったアーティストの一人『James Ingram』(ジェイムズ・イングラム)が旅立ったとの訃報が届いた。

 

 

まだ高校生だった頃の1981年、敬愛する『Quincy Jones』の名盤『The Dude』の中で出逢った時の衝撃は、今でも忘れられない。2016年に時を同じくして他界した「Toots Thielemans」 (トゥーツ・シールマンス) 「Rod Temperton」(ロッド・テンパートン)をはじめ、一時代を築き上げた「クインシー・ファミリー」の重要なメンバの一人がまた欠けてしまった。本当に残念でならない。

 


James Ingram ~ Tribute

 


James Ingram & Tamia “How Do You Keep The Music Playing”

 

Rest In Peace….

 

追記: 当サイトでいつも応援しております、音楽プロデューサー「松尾潔」さんのFMラジオ・プログラム「松尾潔のメロウな夜」(2/11放送)において、僕自身も含めた日本全国の「ジェイムズ・イングラム」を愛する熱心なリスナーやファンの熱い想いに応え、『ジェイムズ・イングラム追悼特集』をON-AIRしてくださいました。1991年に初来日したジェイムズ・イングラムの単独公演の全演奏曲目を再現するといった内容ですが、僕らと同じ時代を生きた「R50世代」の方々にとっては、もう必聴ものです。また一方で、放送後のコラム「メロウな徒然草」に寄せた、御大「クインシー」とその周辺のアーティストたちの関連性であるとか、とにかく松尾さんならではの視点からの解説は、これまた必読ものです。
再放送の予定は下記の通り。まだ聴かれていない方はぜひ。
再放送 FM [ 2/18 月曜 AM10:00-10:50 ]
再放送 AMラジオ第1 [ 2/18 月曜 16:05-16:55 ]
 |
※「2月18日、3月4日のラジオ第1の再放送は休止します。」とのことでした。
ゴメンナサイ m(__)m

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.208【Boz Scaggs】

「これは誰が歌っているんですか?」

実店舗の『Mellows』営業当時、初めて聴いたお客さんから毎日一度は尋ねられたのが、愛する「Boz」が歌う珠玉の「Jazz Standards」の数々。

 

 

こんな底冷えのする季節には、まるで淹れたての温かい「珈琲」みたいに、ありがたい。

 


Boz sings “Jazz Standards”
Track#1 – For All We Know (album: But Beautiful – 2003)
Track#2 – I Wish I Knew (album: Speak Low – 2008)
Track#3 – Ballad of The Sad Young Men (album: Speak Low – 2008)

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.207【John Coltrane & Johnny Hartman】

少々疲れ気味の夜更けに聴くのに心地よいのは、この二人のジャズ界の巨人が遺した名盤『John Coltrane & Johnny Hartman 』

 

 

バラッドを演奏する際の抑制の効いた「コルトレーン」のテナーの音色とフレーズに、そしてまた「ハートマン」の真冬の外気温までをも上昇させるほどに包み込むようなバリトン・ヴォイスに、その究極のメロウネスに、ただひたすらに癒されるのがいい。
自分が生まれた55年前にレコーディングされたこの名盤に、感謝するしかない。

 


Track#1 – They Say It’s Wonderful
Track#2 – My One And Only Love
(album: John Coltrane & Johnny Hartman – 1963)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.206【Roy Ayers】

なんだかひどく疲れた一日の終わりには、Mellowなヴィブラフォンの音色が、やけに優しい。

 

 

ロイ・エアーズ(Roy Ayers)“Warm Vibes”に感謝。

 

 

Roy Ayers – “Warm Vibes”
(album: Spoken Word – 1998)

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.205【Friday Night Plans】

新年明けましておめでとうございます。
いつもご訪問ありがとうございます。今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。

賀状を毎年くださる旧来からの知人の皆さま、毎年ご丁寧にありがとうございます。実店舗をCLOSE後は、年末年始が多忙な組織に属していることもあり、誠に恐縮ではございますが、ここ数年は知人の皆様への賀状でのご挨拶は遠慮させていただいております。この場をお借りして、年末・年頭のご挨拶と代えさせていただいておりますので、どうぞご了承くださいませ。

 

 

さて、なんだか今年の「R&B」シーンは、従来「Black Music」(黒人音楽)のルーツとなっていた、アーティスト自身のオリジン(出自)を「アフリカ」に持たない人たちによる、ジャンル(カテゴリー)の形成がこれまで以上に進化していくような、そんな兆候を強く感じます。この件については、昨年末の『松尾潔のメロウな夜』の番組の中で松尾さんが「鋭い指摘」をされていました。

事実、本家の米国では、英国出身の『Ella Mai』(エラ・メイ)や新たに『H.E.R.』のアーティスト・ネームでシーン躍り出た「Gabi Wilson」(ギャビー・ウィルソン)、そして極めつけは今や超BIGな存在となった『Bruno Mars』(ブルーノ・マーズ)など、直接的な出自をアフリカに持たないアーティストが増えてきました。世代交代が進めば当然といえばその通りなのですが、かつて「SOUL」と呼ばれたカテゴリーの呼称が「R&B」と呼ばれるようになって久しいですが、いよいよこのカテゴリーもアーティストの「多国籍化」が本格的に進んできているようです。
かねてより申し上げていますが、正直なところ僕は体質が合わないので、極端に「HIP-HOP」然としたアーティストやその作品群を好んで聴くことはほとんどありません。敢えてここで詳しくは言及しませんが、聴かない理由は、かつて「Quincy Jones」や「Jam & Lewis」といった「Black Music」の一時代を築き上げたプロデューサーたちが「HIP-HOP」に対して抱いていた感覚と同様のものです。とはいえ、現代(いま)の音楽を目の前にした際、ある程度「HIP-HOP」の要素が入っているのは時代の潮流であり、メロディアスあるいはメロディックに処理された楽曲の中には、好意的に受け取ることができるアーティストや作品が、明らかに増えてきているのは間違いないようです。

さて前置きが長くなりましたが、2019年最初の「Mellow Tunes」の今回は、昨年末に駆け込みでご紹介した、『Friday Night Plans』を改めて取り上げます。
僕が彼女の存在を知ったのは、「松尾潔」さんのTwitterで紹介されていた「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」のカヴァーがきっかけだと、以前の記事でお伝えした通り。また、数日前の晦日に放送された「山下達郎」さんのFM番組「サンデー・ソング・ブック」の中で、年末恒例のゲスト出演中の奥方「竹内まりや」さんと共に、「Plastic Love(プラスティック・ラブ)」の話題に触れ、優れたカヴァーの2作品を紹介するとして、今月下旬より配信される予定の『tofubeats』によるカヴァーと共に、『Friday Night Plans』によるカヴァーもOn-Airされました。特に『Friday Night Plans』のカヴァーに関しては、「まりや」さん本人が「すごく素敵な声」と絶賛されていました。

『Friday Night Plans』は、東京都出身、今年で23才になるアーティスト。日本人の父とフィリピン人でシンガーの母を両親に持つ、そんな彼女が昨年6月にLA滞在中、現地で制作された作品(全4曲)を収録したEP『LOCATION – Los Angeles』から2曲ほどご紹介。
UPなものもBalladもどちらも素晴らしい出来で、彼女の才能の片鱗を否応なく感じ取ることができるでしょう。今後も要注目ですね。

 


Meet Us In The Park We Used To Play.
(EP: “LOCATION – Los Angeles” – 2018)

 


Fall In Love With You In Every 4AM.
(EP: “LOCATION – Los Angeles” – 2018)

 

先の話題に戻るようですが、『H.E.R.』こと「Gabi Wilson」(ギャビー・ウィルソン)、『Bruno Mars』(ブルーノ・マーズ)、そして『Friday Night Plans』と、これらの三人に共通するのが、母親がフィリピンの方であるという事実なんですね。これは単なる偶然ではなく、きっと必然であって、母国語と同様に英語を話す環境が、「世界」というステージ(舞台)を視野に入れたとき、我々日本人とはその差が、大きなアドヴァンテージとなって出てくるのではないかと、そんなことを強く意識した昨今の「R&B」シーンです。