Mellow Tunes ~ Vol.267【Roy Hargrove Quintet】

いつもご訪問ありがとうございます。
西日本方面を中心とした列島各地での大雨により、特に九州地方で被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。普段通りの日々が、一日でも早く戻ることを祈念しております。
7月も中盤に入り、関東地方でもそろそろ「梅雨明け」が気になる頃。とはいえ梅雨前線も消え去ることなく、しばらくの間停滞が続きそうな気配。梅雨明けは、例年よりもすこし先延ばしとなりそうです。
「雨の季節」の終わりが近付いてくると、風物詩でもある「紫陽花」の花々たちも、それぞれの鮮やかなその色合いにも少しずつ変化が訪れてきます。僕にとっては、それが季節が「夏」に切り替わるタイミングと、昔から心得ています。そろそろ、そんな時期。

 

 

その日の雨や前線の気圧配置によって、ここ数年この時期になると症状を自覚する機会が増える不快な耳鳴りに、聴く音楽を選択する際、極端な低音や高音の音楽から、耳を遠ざけたい日もあるものです。

そんな理由から、今日みたいな日には STAY HOME 状態で、秋が来ると天に召されて早二年が経つ、マイルス以来の天才トランぺッターと称賛された『Roy Hargrove』(ロイ・ハーグローヴ)が率いるクインテットによるこちらのアルバムなどは、そんなときの耳にはとても優しく、そして心地よい。やっぱり、「Jazz って優しいな」って感じるのは、自分が万全でないようなそんな時かも。

 

 

Roy Hargrove Quintet – “When we were one” (feat. Johnny Griffin)
(album: With The Tenors Of Our Time – 1994)

 

Roy Hargrove Quintet – “Never Let Me Go”
(album: With The Tenors Of Our Time – 1994)

 

『Roy Hargrove』に興味をもたれた方は、よろしければ過去の関連記事もどうぞ。

 

 

 

 

Mellow Tunes ~ Vol.266【Ralph Tresvant】
Mellow Tunes ~ Vol.268【Avant】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です