新たなる旅立ち ~ 被災地へ

今日も本当に寒い一日でしたね。日中は風も強く、体感温度は気温以下だったのは間違いなかったことでしょう。

さて、ごく一部の関係者の皆さんにしかお知らせしておりませんでしたが、開業以来僕の大事な「相棒」として沢山のお客様をお迎えしてくれたトレーラー・ハウスの『メロウズ号』(お客様が列車になぞらえてよくそうおっしゃってました)ですが、本日の夜遅くに、次の大切なお役目を果たすために、昨年の震災で大きな打撃を受けて只今復興の真っ只中にある被災地の一つ、宮城県の東松島市に向けて新たに旅立ちました。

雲ひとつない青空

雲ひとつない青空

夕暮れ

夕暮れを待ち

明るい満月に見送られ

明るい満月に見送られ

被災地に向け旅立ちました

被災地に向け旅立ちました

現段階では、まだ詳しいご案内は差し控えておきますが、いずれ時期が来たら、皆さんには今後の「彼」のお役目をお伝えできることと思います。それまでは、あれこれと自由に想像をめぐらせていてください。
僕が果たせなかった分まで、「彼」は新たな役目としての、被災地の傷ついた人々の辛い思いや悲しい思いを、必ずや癒すことのできる場所や空間となって、そこに集う人々に「smile (笑顔)」をもたらしてくれることでしょう。
奇遇にも震災の年に産まれ出でたキミだからこそ、やれることがあるはず。もしかしたら、運命だったのかもしれないね。必ず会いに行くから。頑張ってくれよ。そして今日まで、僕はもちろん沢山のお客さんを支えてくれて、ありがとう。

最後になりましたが、長野から駆けつけすぐに東北に向かったカンバーランド社の輸送チームの皆さん、ひたち野うしくガーデンの若社長のケンちゃん、皆さんのおかげで無事に搬出できました。ありがとうございました。そして、大通りへ搬出中、ご帰宅時のドライバーの皆様にはしばしご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ありませんでした。また、行く末を気に掛けていただき、わざわざお寒い中足を運んでいただいた皆さん、メールやコメントをくださった皆さん、最後まで見送っていただき、本当にありがとうございました。

いろんな思い出が頭の中で交錯し、今日は僕もこれが精一杯ですが、「メロウズ号」と輸送スタッフの道中の安全を祈りつつ、「馬のはなむけ」として大好きなビル・エヴァンスのこの一曲を捧げたいと思います。どうか、気をつけて。

 


Bill Evans Trio / “I Will Say Goodbye” (album: I Will Say Goodbye – 1980)

 

 

 

そろそろお別れ
【御礼】 今年一年、たいへんお世話になりました

8 Responses to 新たなる旅立ち ~ 被災地へ

  1. stk より:

    オープン前から気になっていて主人と一度コーヒーを頂きました。
    店主さんと同じ町内在住と言うこともわかりました。

    今朝、主人の送迎で脇を通ったら茶色のトレーラーハウスが無くなっていて、主人が「昨日は向きが変わっていた。」と。

    メロウズ号と宮城県の人々にとって幸せな2013年の始まりになります様に。

  2. Master より:

    stkさん
    初コメントありがとうございます。
    同じ町にお住まいなんですね。
    あちこちといろいろ巡られているご様子ですね。
    仰せの通り、皆さんにとっても来年がよい年となることを願うばかりです。

  3. 2wanko母 より:

    とても切ない想いでいっぱいですが,被災地でたくさんの心を癒してほしいです。
    メロウズが道路を走るなんて…。そういう建物であるのはわかっていても,なんだか夢を見ているみたいです。
    でも,マスターが一番切なかったり,さみしかったり,いろんな感情があふれているところでしょう。ご自愛くださいね。

  4. Master より:

    2wanko母さん
    こんばんは、コメントありがとうございます。
    いやあ、その通りですね。
    ほかのカフェではこんなことは不可能なので、メーカーさんと苦労して産み出した甲斐があったというものです。さきほど7時のNHKのニュースでも、女川町で同メーカーさんが納めたT/Hが、宿泊施設として大活躍中の話題が取り上げられてました。
    寂しくなるので、動き出す瞬間から背を向けていましたが、振り向いたときには、もうすでに姿はありませんでした。でもそれで、よかったんですよ。きっと。

  5. kanatyan より:

    とうとう、この時が来てしまったのですね。でも、行き先が宮城の地でまた多くの人に癒す場をもたらすであろう旅立ちと知って、応援したくなりました。あなたが、ひたち野牛久の地に残した足跡は、永遠に消えません。伝説として、いつまでも私たちの胸に残っています。しばしのお別れだと思いましょう。離れた所からですが、いつでも応援しています。

    • Master より:

      kanatyanさん
      こんばんは。
      応援コメントありがとうございます。
      ご存知だと思いますが、僕が Mellows というカフェを開業した根幹にあるものは、ブログではなく公式サイトの挨拶にも記した通り、あえて一言で表現するのであれば「癒しの空間」を提供するためでした。例えオーナーや店名が変わったとしても、そのポリシーを継承していただくことが最も重要なことなんですね。
      ご理解いただけて嬉しく思います。

  6. ムーミン&リリー より:

    こんばんは。
    『メロウズ号』旅立ったんですね。
    ビルエバンスを聞きながら,旅立つ姿を見ていたら,こちらも切なさで一杯になりました。

    世の中が少しずつドライになっていく中で,メロウズが投げかけたメッセージは,触れた人の胸にしっかりと届いていると思います。

    寒い日が続きます。 どうぞお体にお気をつけ下さい。
    それではまた。

  7. Master より:

    ムーミン&リリーさん
    コメントありがとうございます。
    今日の午後にお店の跡地で、ゴミを拾ったり敷地の砂利をならしたりしてたのですが、正直なところこれまで体験したことないような、切ない感情で胸が一杯になりました。
    でも、人はこういう経験を越えてまた強くなるもの。
    がんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です