Mellow Tunes ~ Vol.230【Ami Nakazono】

いつもご訪問ありがとうございます。
連日の猛暑で、仕事の方もお休みの方も、皆さんおつかれさまです。
今年は例年より開花が少し遅かった印象のある、愛らしい「蓮」の花もそろそろ見納めの頃。照り付ける夏の暑い日差しの中で、「凛」と佇むその姿には、なんだか意志の強さだとか時には気高さまで感じることも。

 

 

都会の人々が、涼を求めて避暑地へと足が赴くように、こう暑いと聴く音楽もできれば Cool な音色を求めたくなるもの。

今回は以前に「Mellow Tunes ~ Vol.201」でもご紹介したことのある、当サイトにおいて絶賛応援中の、国内の「Smooth Jazz」シーンでは、圧倒的な実力派サックス・プレイヤーの「中園亜美」さんの再登場。男性・女性プレイヤーを問わず、彼女の「ソプラノ・サックス」から奏でられるその音色は、実に「Silky & Smooth」でいて、そして時にはソプラノとは思えないような「Funky」な演奏も彼女の魅力ですね。もちろん「アルト」に持ち替えたときもしかり。できるだけ早い時期に、またプロデューサーとしてベスト・パートナーだと思える「安部潤」さんと組んだ、新譜を聴いてみたいものです。そして、ぜひ世界を舞台に活躍して欲しい期待の存在です。

曲のタイトルは『December』2010年にリリースされたシングルですね。前回取り上げた『CHICKENSHACK』の「土岐英史」氏のソプラノ・サックスの音色とは、また違った魅力に溢れています。クールな音色で、なんだか部屋の気温がすこしだけ下がったような気がしませんか。

 


Ami Nakazono – “December” (2010)

 


Ami Nakazono – “World Connection” (2016)

 

 

 

 

Mellow Classics ~ Vol.18【CHICKENSHACK】
【雑記】真夏の夜更けに「Monk」を聴く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です