【雑記】さよなら「相棒」

いつの間にかサクラの季節も終わり、周辺で見かける例年より圧倒的に早い成長を見せる「青モミジ」の成育ぶりに驚かされたり、また列島各地では真夏日を記録したりと、この数週間はなんだかあっという間に時間が過ぎて行った印象が強く残る。

 

 

しばらくぶりにUPする記事をキーボードでタイピングするのも、二週間ほど前に自分の不注意から発生した自動車事故のせいで、案の定首から左肩にかけて若干の痛みと違和感が伴う。

思えば、約10年ほど前に「TOYOTA」のディーラーから試乗車だった「IPSUM」を、通勤車として中古で購入したのが馴れ初めだった。それから数年間、自宅から職場のある成田空港までの往復100kmの道のりを、深夜・早朝のシフト勤務時の文字通り「足」となって、いつも安全に僕を職場・自宅へと届けてくれた。そういえば、二人の息子たちのサッカーの試合や合宿の時も、方々走り回ったなぁ。
退職前に有給休暇の消化がてら「伊勢~京都~北陸」とクルマで旅をした時も、2011年の震災の2ヶ月前に会社を退職し、震災後は実店舗「Mellows」の開業に向けて、頻繁に出掛けた信州への往復の際も、そして開業前後もあれこれと準備に追われ、帰宅できない時には宿代わりとなったりと、とにかくいつもいつも一緒だった。僕にとって「IPSUM」は、特注トレーラーハウスの実店舗「メロウズ号」と同様に、苦楽を共にしてきた僕の大切な「相棒」だった。

「まだ乗ってるの?」って、みんな小ばかにしたように揶揄する人も少なからずいたけれど、ここ最近は22万キロと多走行なこともあって、あちこち小トラブルが重なりパーツ交換を余儀なくされたりと、それなりにガタがきていたのは正直否めない事実だった。車検の満了する来年秋までは、なんとか一緒に過ごしたかったけれど、悲しいことにさよならの日は突然やって来てしまった。

 

 

 

事故の際、自分が身代わりとなって、ひどく痛い思いをしてまでも、僕の命と身体をしっかりと守ってくれたのだと思う。
お店の「メロウズ号」も「IPSUM」も、いまはもう僕の手元から消え去ってしまったけれど、7年前のあの「大雪の夜」に撮影した写真は、いまでもこれからも僕の宝物だ。「二人とも」ありがとう。本当に心から感謝しています。

 

なかなか気の利いた曲が浮かんでこないけど、一昨年天に召された「レオン・ラッセル」のペンによる不朽のスタンダード『A Song For You』を、故「Ray Charles」(レイ・チャールズ)のカヴァーで、見送りたいと思う。

 

A Song For You | Ray Charles
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です