【雑記】梅雨の戻り

7月に入る直前に、西日本の一部よりも早く、観測史上最も早い「梅雨明け」が発表された関東甲信地方ですが、一昨日あたりから台風の影響もあって、「梅雨の戻り」「戻り梅雨」の現象が起きています。
九州方面から近畿・北陸を経て北海道まで、列島各地で発達した前線が大雨を降らせているようです。
とかく嫌われものの「梅雨」ですが、人の身体にとっては本格的な夏が来る前の、大切なウォーミング・アップの時期であったり、山間部のダムなども大事な水源を蓄えるためには、不可欠な時期でもあります。各地から伝えられるニュースを見るにつけ、自然との付き合い方の難しさを痛感するところです。どうか皆さんのお住まいの地域が、無事であることをお祈りします。

 

 

その一方では、10日近く太陽に水分を奪われ続けていた、沿道やあちこちで見かけられた、もはや瀕死状態となった枯れかけの「アジサイ」たちでしたが、このまとまった雨のおかげで、なんとか一部が蘇生してきました。例年よりずっと早く、もうアジサイの季節は終わってしまったと残念に思っていただけに、ちょっと一安心した出来事でした。

 

遠くロシアで開催中の「World Cup」では、いよいよ準々決勝が始まる頃ですね。
「Best 8」進出の壁が破れなかった日本代表でしたが、強豪国である「世界との差」がいよいよ縮まってきた印象を強く感じた、日本代表の戦いぶりでした。「16強」という決勝トーナメントに残る国々、ましてや「8強」に残るサッカー先進国では、当たり前のように自国のプロ・リーグの歴史が100年を超える国がほとんどですから、日本国内のプロ・リーグ「J-リーグ」が僅か「設立25周年」でしかないという現実を直視した場合、日本のサッカーがどれほどのスピードで進化しているか、賢明な方であれば容易に理解できることでしょう。もちろんそれには、中田英寿選手が海を渡って以降当たり前になった、現在の日本代表に名を連ねる選手たちが欧州を主とする海外リーグへ挑戦の場を移し、それぞれが切磋琢磨してきたその個々の過程が、いよいよ目に見える姿かたちや「結果」となって現われた、そんな大会になった気がします。「なんでダメなんだ」とか簡単に言う方々もいますが、とにかく熟成にはそれなりの時間が必要であり、「ローマは一日にして成らず」ということです。誰に決まるのかまだわかりませんが、新監督の下で次回本大会では「8強」を目指して欲しいものです。
 

さて曲は、「梅雨の戻り」もありましたので、昨年秋の「AC Tunes ~ Vol.61」で一度ご紹介済みではありますが、メランコリックな雨の情景が浮んできそうな、Ronny Smith(ロニー・スミス)『In The Rain With You』をチョイスしてみました。

 
 


Ronny Smith – “In The Rain With You”
(album: Shake It Up – 2017)

 

メロウなギタリスト、Ronny Smith(ロニー・スミス)気になった方はこちらのLINKをどうぞ。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です